好きなことを仕事にしよう

持っている知識や技術を教える

学校で音楽を教えよう

小学校や中学校、高校で音楽を教える先生になる人が見られます。
その場合は、それぞれの資格が必要だと理解してください。
具体的には、小学校の音楽教師の資格がある人は、小学校でしか働けないということです。
ですから自分がどこの学校で働きたいのか、よく考えましょう。
また資格は簡単にクリアできるものではないので、たくさん勉強してください。

小学校の先生は、子供たちの生活や将来に大きく関わります。
ですから、子供たちへの接し方も考えましょう。
優しい先生を目指すのは良いですが、ふざけている生徒を放置するとクラスの雰囲気が悪くなり、授業をスムーズに進められなくなります。
その場合はきちんと怒るなど、正しい対応で生徒と接しましょう。

子供たちに教える際のコツ

個人で、音楽の教室を開いても良いと思います。
その場合は資格が必要なく、気軽に始めることができます。
みんなに信頼されるよう、どこで音楽を習ったのか説明した上で教室の宣伝をしましょう。
小さな子供が生徒になる場合は、優しく接することを心がけてください。

また、楽器に触れたことがない子供も見られます。
うまく演奏できない子供もいるでしょうが、それでも怒ってはいけません。
できないことを怒ると、子供は音楽を嫌いになってしまいます。
子供がうまくできない時は一緒に演奏したり、お手本を見せたり、うまく演奏するコツを教えてください。
逆にうまく演奏できた時は、たくさん褒めましょう。
そのように、子供とコミュニケーションを取ってください。


TOPへ戻る