音楽の仕事がしたい!と思ったら

好きなことを仕事にしよう

向いている音楽の仕事を探す

簡単なことではありませんが、音楽の仕事をしたい人は歌手がおすすめです。 学校や教室に通わなくても、SNSを使えば音楽プロデューサーやスカウトマンの目に留まり、デビューできる可能性があります。 そのためには自分自身で、プロヂュースをすることが大事です。

ピアニストを目指そう

楽器を演奏することも、立派な音楽の仕事です。 特にピアニストは需要が高く、活躍の場が広いと言われています。 学校に通うことで、音楽の細かいテクニックを学べますし、講師に質問もできます。 そのためプロを目指している人は、きちんと音楽の学校に通いましょう。

メジャーデビューするために

歌うことが好きな人は、歌手を目指しましょう。
難しいですが、自分の才能をわかってもらえるとメジャーデビューできます。
またこの方法は、学校に通う必要がありません。
歌手を育てる専門学校もありますが、独学で音楽を勉強したり練習したりして、スカウトされる方法があります。
どうすればスカウトマンの目に留まりやすくなるのか、工夫しながら自身をプロヂュースしましょう。
最近はSNSに自分の音楽を投稿し、注目されるスタイルが人気です。

楽器を演奏するプロになっても良いですね。
特にピアニストは需要が高く、人気になればソロコンサートを開催できます。
独学でピアノを練習するのは難しいので、きちんと教室に通ったり、学校で勉強したりすることをおすすめします。
さらに演奏の上手さだけではなく、表現力もピアニストには重要です。
曲の意図を理解し、どのような雰囲気で演奏すれば良いのか考えてください。
学校に通うと、表現力も伸ばせます。

音楽が好きで、先生になる人も見られます。
個人で開く教室なら資格は必要ありませんが、学校で音楽の先生として働く場合は資格が必要なので、その勉強から始めましょう。
自分が持っている知識や技術を生徒や子供たちに教えて、音楽を好きになってもらってください。
子供と接する機会が多く、子供が好きな人にも向いています。
特に相手が子供になる場合は、教え方に注意してください。
難しい言葉で説明してもわかりませんし、子供は飽きてしまいます。

持っている知識や技術を教える

ある程度の知識と技術を習得したら、先生という立場になるのもおすすめです。 学校で音楽の先生になるなら、資格を獲得するところから始めましょう。 小学校で先生になったり、小さな子供向けの音楽教室を始めたりするなら、わかりやすく教えることを心がけてください。

TOPへ戻る